グラブル自称・無課金攻略

グランブルーファンタジーをガチャ課金なしで遊びつつ関連商品購入で応援していく日記系ブログです ※ゲーム画面スクリーンショットの著作権は「株式会社Cygames」に帰属します

カテゴリ: 初心者向け

これはなんか知ってる人と知らない人で
結構差があるような気がしてきたので。

久々に「初心者向け」記事ですよ!

…最近全然そういう記事書いてなかったなと。

さて。武器のスキル上げですが。
基本的にSSR武器あたりからは、

「計画的にスキル餌を投入するべき」

です。ん?いや逆か。これは逆かも知れない。

「スキル餌自体を先に強化しておく」

という概念を覚えておくのが良いかも知れない。

と思ったけど面倒くせえ!ズバリこうやればOK!
という手順を書いてしまいましょう。

先に書くから「なんでそうなのか」は考えてください!
(あっ投げた)

■SSR武器 スキル上げ編

・SLV1→2
SR餌(素)2個

・SLV2→3
SR餌(素)4個

・SLV3→4(ここ重要、後で補足)
デビルエレメントSLV2)2個
+SR餌(素)1個+R餌1個

・SLV4→5
SR餌(素)x8個

・SLV5→6(ここ重要かつ好みで変わる)
SR餌(素)x10個
あるいは
アネモイの竪琴等SLVがないSSR武器x1
贅沢に行くなら
SSR餌LV1x1

・SLV6以降(以降LV10まで共通)
SSR餌LV2x1

管理人はこれでやってます。

SLV6→7までは「まだまだSRで行くぜ!12個投入!」
という猛者も居るかも知れません。

しかし管理人の感覚だとそれやってると
「SSR餌武器のスキルを2にする分」のSR餌まで
なくなってしまう印象なので、こんな感じです。

ちなみにSLV3→4の「デビルエレメントSLV2」ですが。

「デビルエレメント」は唯一、餌の効率が特殊なので
この使い方が最適かと。SSRのSLV3→4に関しては
SR武器6個食わせても「99%」で止まるのもポイント。

デビルエレメントSLV2の作り方は簡単です。
SR餌1個(またはプチデビ2個)を予め食わせます。
これでスキルレベルが100%で2になります。

「餌にする素材を、先に育てておく」のです。

DESLV2

こんな感じ。

こうして育てたデビルエレメントSLV2を2個。
これにSR餌1つ、R餌1つ加えることで100%達成。
確実。安心確実の100%です。

SLV6以降の「SSR武器LV2」も同様です。

餌にするSSR武器に、SR武器2個をまず食わせて
「予めSLV2のSSR餌」を作ってから餌として与えます。

これでSLV6以降は10までずっと100%です。

管理人的には

「SLV6になった武器はマッハで10になる」

という印象がありますね。優先してしまうので。

最近すっかり初心者向け記事をUPせず
放置してましたが。

このたび管理人的最強イベント産召喚石の一角

ディアボロス大先生

の上限解放が来るであろう記念に、

「復刻したら狙うべき召喚石リスト」

でも作ってみようかと思いました!

それでは属性別にまとめてみようと思います。

・基本的な考え方

「イベント産」なのでマグナ石等は含みません。
また、あくまで管理人の独断で考えています。

「属性加護」が高いものほど「メイン石」
「総戦力」、「召喚効果」が高いモノほど
「サブ石」としての利用が有用になります。

■火属性

・イフリート
(イフリート討滅戦)
★★★★★ 属性加護:40/50/60
★★★★★ 総戦力:2263(2650)
★★★☆☆ 召喚効果:味方全体攻バフ(中)

・フェニックス
(降焔祭)
★★★★☆ 属性加護:40/50
★★★☆☆ 総戦力:2031
★★★★☆ 召喚効果:味方回復(500)

・ファフニール
(亡国の四騎士)
★★★★☆ 属性加護:40/50
★★★★☆ 総戦力:2100
★★★★★ 召喚効果:敵全体デバフ(火属性防御DOWN)

■水属性

・コキュートス
(コキュートス討滅戦)
★★★★★ 属性加護:40/50/???
★★★★☆ 総戦力:2036(???)
★★★☆☆ 召喚効果:味方全体攻バフ(中)

・フェンリル
(フェンリル討滅戦)
★★☆☆☆ 属性加護:キャラ20/25/40(+奥義上昇UP)
★★★★★ 総戦力:2095(2450)
★★★☆☆ 召喚効果:味方全体攻バフ(中)

・ヱビス
(薫風、 白波を蹴立てる)
★★★★☆ 属性加護:50
★★☆☆☆ 総戦力:1990
★★★★★ 召喚効果:敵全体デバフ(水属性防御DOWN)

・オダヅモッキー・ギャングスタ
(自由をその手に)
★★★★☆ 属性加護:50
★★★★☆ 総戦力:2131
★★★★☆ 召喚効果:味方全体攻バフ(大)/防DOWN

■土属性

・ウォフマナフ
(ウォフマナフ討滅戦)
★★★★★ 属性加護:40/50/???
★★★★☆ 総戦力:2019(???)
★★★★☆ 召喚効果:敵全体暗闇

・オータム・マイコニド
(山駆ける少女幻の味覚)
★★★★☆ 属性加護:40/50
★★☆☆☆ 総戦力:1903
★★★★☆ 召喚効果:味方回復(500)

■風属性

・サジタリウス
(サジタリウス討滅戦)
★★★★★ 属性加護:40/50/60
★★★★☆ 総戦力:2045(2390)
★★★☆☆ 召喚効果:味方全体の防御UP(中)

・ネフティス
(不屈の勇者と熱砂の動乱)
★★★★☆ 属性加護:40/50
★★★☆☆ 総戦力:2027
★★★☆☆ 召喚効果:トリプルアタックUP

・ディアドラ
(英雄再起)
★★★★☆ 属性加護:50
★★★☆☆ 総戦力:2092
★★★★☆ 召喚効果:敵全体暗闇

■光属性

・コロゥ
(コロゥ討滅戦)
★★★★★ 属性加護:キャラ30/40/50(HP10/15/20)
★★★★☆ 総戦力:2095(2440)
★★★★☆ 召喚効果:敵全体暗闇

・ヘカトンケイル
(昏き島に眠る光の巨人)
★☆☆☆☆ 属性加護:キャラ攻撃、HP20/25
★★★☆☆ 総戦力:2050
★★★★★ 召喚効果:味方闇属性耐性UP(30%)

・ロボミ
(ロボミ)
★★★★★ 属性加護:40/50
★★☆☆☆ 総戦力:1934
★★★★★ 召喚効果:敵味方全体の強化効果を1つ消去

■闇属性

・ディアボロス
(ディアボロス討滅戦)
★★★★★ 属性加護:キャラ30/40/??(HP10/15/??)
★★★★★ 総戦力:2271(???)
★★★★★ 召喚効果:敵全体両面デバフ(小)

・ケルベロス
(ケルベロス討滅戦)
★★★★☆ 属性加護:火/闇キャラ25/40/40+TAアップ
★★★★★ 総戦力:2271(2650)
★★★☆☆ 召喚効果:味方全体トリプルアタックアップ

以上です。

どうでしょう。本当に主観で決めました。

「光」はとにかくサブ石として有用過ぎな
ロボミ、ヘカトン共に復刻したら確実に確保。

コキュ、ウォフは明日からの最大解放評価待ち。
ただディアボロス大先生は評価するまでもなく最強。

こんなとこでしょうか。

うーむ。完全に独断ですな!

十天衆の設備拡充の際、大変役立つシルベル。
うちのBlogをそこそこ広めてくれたシルベル。
かわいいかわいいシルフィードベル。

という訳で管理人的には

シルフィードベルには特別な思い入れがある

訳ですが、フリー欄眺めてるとたまに思うのです。

意外と3凸取得率悪いな!?

と。

勿論フリー枠に何を期待するかによります。

汎用ドロップ用に白兎。これは鉄板中の鉄板。
管理人の中では3凸グランデより3凸白兎です。

それからやはりグランデ。持ってればグランデ。

あと、レベリング目的でケットシーもアリ。
管理人は新キャラ加入時に結構選択してます。

大当たりビックリ枠だとカグヤもいいですね!!

…いや本当に持ってればだけど。

あと、現状イベント属性のマグナ3凸をフリーに、
そして通常属性を50(または80)石に
持ってきてる人もいますね。対応鞄の場合もある。
(鞄は微妙に無しな気がしないでもないですが…)

さて。これらに並んで出てくることが多いのが
シルフィードベルな訳ですが。

これが意外と出ない!出ても無凸。

最初は

「まあ素材集めしてる奴そんな多くないからか」

と思ったんですが、全くそんなことはない!

考えてみてください。RMからのドロップ期待の
素材を使うのは何も十天だけではありません。

古代布なんてウザいくらい色々要求されますし
(ガンスリンガーを殺したのは古代布だ!=弾丸)
それから風切四つ葉回収時についでにRMから
Rスキル武器を回収なんていう小技もあります。

意外とシルベルの需要はある!

確かに白兎持ってたらそっちなんですが。
だけどシルベルの方が白兎に勝るケースも
ほんの僅かながらある訳です。

という訳で初心者をちょっと抜け出したくらい、
中級者に入りつつある人でフリー枠石に困ってる人。

シルフィードベル取ろう!

何故管理人がここまで推すかと言うと、

白兎はドロップで3凸目指すことは厳しすぎる

けれども

シルフィードベルは直ドロで十分3凸行ける

という点です。

管理人のアンチジュエルリゾートっぷりは異常ですが
それを差し引いても流石にシルフィードベルに
月光晶突っ込むのはちょっと勿体ないと思います。

そもそも

シルフィードベルクエはAP黒字

で行けますし。管理人は今でも黄金小麦残ってます。
(そろそろなくなりそうですが)

白兎も、シルベルも無課金者救済石の極みです。
これらを持ってるとフレ獲得やフレ貢献が捗ります。

「なんもやることない時間帯にシルベル狙って
後から黄金小麦で半汁交換してやりたいことをやる」

これは良い効率プレイではないでしょうか!

■関連リンク■
シルフィードベルを求めて
シルフィードベルはやっぱフリークエ
シルフィードベル出ない!
シルフィードベルようやく1凸
シルフィードベル3凸までの道

って、これは管理人が思うにズバリ

火と風

だと思います。

何故かというと凄くシンプルで

ティアマトとユグドラシルを楽に倒すため

に他なりません。そして同時に、この育成方針だと

火は強くなれず、風がどんどん伸びて行きます。

火PTでティアマトを倒しまくる
→ティアマトが風属性の武器を落とす
→→風PTの火力が上昇する

この連鎖が最初に発生します。

そして、管理人には縁がありませんが、無課金でも

風はカジノでアナトを取ってくること

で、確実な強化が望めます。

アナトは無凸でも3凸したサジタリウスやディアドラより
正直強いです。(召喚効果の攻バフが一段階上のため)

また、当然無凸から三凸まで伸ばすことができれば
(注:無責任ですが、管理人はアナト未取得)
もうその時点で無課金最強の石になり得るでしょう。

そして風がどんどん強くなっていくことで

ユグドラシル(土)がバンバン倒せるようになります。

そして土が強化されてきたら

リヴァイアサン(水)がバンバン倒せるようになります。

こうやって繋いでいって最後に

コロッサス(火)を倒してようやく火PTが強化できます。

これはこの順番割と鉄板だと思うんですよねえ。
特に風にアナトがあることと、一番弱いのが

ティアマトとユグドラシル

だというのが、もう順番的にこれしかない!と思います。

なお、光と闇については放置なように見えてこれは

光>>>>>>闇

という難易度です。古戦場武器が全て光属性なので
SSR攻刃武器が容易に全種ゲットできるのは大きい。

また、マグナで言っても
シュヴァマグには攻刃武器が2種ありますが


セレマグには1種しかありません。

↑↑↑(これ嘘でした)↑↑↑

===重要!!===

完全に嘘でした!!セレマグにも攻刃2種あるので
武器に関してはイコールでした!!

(なんで勘違いしていたのか自分でも不明ですが
セレストホーンマグナずっと守護だと思ってた)

===修正済み===

いきなり闇属性を無課金で強化するためには

「偶然の力」=強SSRキャラまたはバハムート

がきっと必要になってくると思います。

しかしこれは逆に言うと

「単に光を優先すればいいだけ」

であります。
光が十分に強くなってからセレマグやればいいのです。

以上の理由から、

光闇は後回しで火風がいい

という結論になります。あくまで管理人の考えですが。

グランデ運用を色々模索するにあたって

Rank100を超えた今やっと

攻撃力について真面目に考えることにしました。
(遅せぇーよ!!)

とりあえず管理人はずーっと序盤、グラブルの風潮で

「これはイヤだなー」

と思ってることがありました。それは

やっとマグナ石3凸できた!切り替えていいのかな!?

と、色々と分からないから質問してる人々が居たのですが、
それに対し帰ってくる答えが軒並み

「計算機叩け」

だったことです。これは今でも上の質問に対する
回答としては余り好きになれない内容です。

但し今となっては、その意図自体は理解できます。

構成がどうか分からない限り無責任に回答できない

というのは多いにあると思います。

しかし同時に管理人はこうも思います。

計算機で得られるのは理想値であって、
実際の今の自分の構成で推し測れるものではない

これ合ってますよね?管理人はいまだにこの認識なのですが、
武器スキルは全て10、三凸済みという前提の計算ですよね?

なので結局は、

「実際の計算を理解する以上の最適解はない」

というのが管理人の考えになります。

そして調べてみると計算式自体は普通に乗っているのです。
(Wikiとかに)

ただこれも計算得意な人でも、グラブルの用語が分からないと
どうしてもイメージしにくいのではないかと思いました。

そこで管理人が大バッシング覚悟(かつスルー前提)で

INTよん?

でも分かる攻撃力の計算の

イメージ

だけを抽出してみようかと思いました。

さて、これは管理人的には大冒険です。
ぶっちゃけ管理人も「理解しようとしてる過程」なのです。

なので予防線張らせてください。

以下の記事を信じる、信じないは

※自己責任でお願いします!(魔法の言葉)

========以下、攻撃力のお話========

■カテゴリ分けイメージ

まずこれを想定してください。

・グループ1=通常枠
・グループ2=方陣枠
・グループ3=アンノウン枠(コラボ枠)

武器や攻撃力そのものにおいては、
上記3つのグループが存在する、とイメージして下さい。

・通常枠の例
通常の攻刃など基本的な物はここ。
バハムート武器の恩恵もここ。

・方陣枠の例
これはもう方陣一択。

・アンノウン枠の例
アンノウンパワーはここ。言うならばコラボ枠。
ストレングスや先日のストリートファイトもここ。

実際は背水とかの要素もあるようですが、
これを除外した方が分かりやすいと思いましたので。

で、暴論かも知れませんが、簡略化したイメージとしては

攻撃力=(通常枠)×(方陣枠)×(アンノウン枠)

とイメージするのが、一番分かりやすいのかなと。
管理人はこう考えてやっと少し理解が進んだので。

例えばですが、各枠に合計で

「10」

自由に割り振れるとします。

※以下はイメージのための極端すぎる例です!

この場合、

(8)×(1)×(1)=8

と割り振るよりも

(4)×(3)×(3)=36

とした方が、合計の数値が上がりますよね?

極限まで簡略化すると、こうなります。

何故スレ等でよく「方陣何本、アンノウン何本」という
話題が出るのかというと、それは上記における

「最適化した割合」

を求めるための話題ということです。(ですよね?(汗

さて、上でも書きましたがこれは

「極端な例」

でした。
さて、これから上の例をより

「現実に寄せた計算式」

にしてみます。

各枠に最初から「10の基本値」があるという前提に。

これを、上の例と同じ割り振り方に直すと
(さてcalc起動、と…。)

(10+8)×(10+1)×(10+1)=2178

(10+4)×(10+3)×(10+3)=2366

おお、なんか俄然「それ」っぽくなったな!?
うん。そうそう。こんなイメージ。どうでしょ!?

■まとめ

・攻撃力にはグループがある
・武器視点で見ると3グループあると考える
・グループ間の計算は掛け算である
・このため通常は各グループの平均値を伸ばすのが吉

という感じです。ただし追加で、

マグナ運用=方陣枠に大きな補正がある
グランデ運用=通常枠に異常な補正がある

のため、これらは

特殊なバランスで考える必要がある

と追加で考えると、なおベターかも知れません。
「マグナ運用」が基本の今、計算は割と難しいのです。

如何でしょうか。できるだけ初心者の方々にも
わかりやすいよう書いたつもりです。

ただやっぱ実際に計算してみるとなんかイメージ湧く。

うん。この記事作って良かった。
管理人の理解もまたちょっと具体化したような気がします。

↑このページのトップヘ