前にアルバハHLの記事書いた時の補足。
今回はあんまグラブルの話ではないかも。

(;・∀・)画像無しで文章だけで行きます。


■世間のMMOソロプレイヤーへの目

オンラインゲームをソロで遊ぶという意味。
これは理解できぬ人には理解し辛い事象。

かつてWoWのblizzard代表かなんかが、
「MMOをソロで遊ぶ意味が分からない」と
堂々と公言したことがあった。あったハズ。

でもコレ探したけどソースが出てこない…。
4亀かどっかが翻訳した記事あったような
記憶があるんだけど…ネ実で見たんだよw

その後同じ人物かどうかもわからないけど
「あれは誤りだった」と訂正した記憶がある。
詳細やコメント自体は、今回どうでもよくて。

「MMO業界最大手」と言って過言でもない
Blizzardでさえ、そういう認識だったって話。

即ちMMOをワイワイやってるプレイヤーが
ぼっちプレイヤーを奇異な目で見たとしても
それはしょうがないってこと。まずここから。


■MMOが「RPG」であるということ

世間的にMMOと言ったらまずRPGを指す。
これはそういうモノだと思う。ただしRPGの
定義について語ると長くなりすぎる為割愛。

それでもここだけは前提で置いておくけど
MMOにおける「ロールプレイ」の定義とは
「各自役割分担してコンテンツを攻略する」
という意味ではない。それじゃ不足過ぎる。

「なりきりプレイ」は言葉だけ先行し過ぎて
イマイチ違う印象になるけど、意味としては
こっちの方がまだ適合していると思われる。


■「一匹狼」タイプのソロプレイ

実質的にこれが大多数だと思うんだけど。
ゲームシステムとして「多人数での攻略」
これを否定したい、言うなら天邪鬼タイプ。

あと単純に多数で群れたくないぜっていう
なりきり的な遊び方。この手の奴に向けて
「オフゲーやれ」ってのは全く意味がない。

何故ならオフゲーだと周囲はNPCだから。

あくまで同じプレイヤーとして多数の中で
「自分は一人である」という相対的な事実。
これが欲しいんだよね。こういう人達はね。

なおコンテンツ攻略報酬の独占目的での
ソロスタイルは一匹狼カテゴリに属さない。
それは単なる効率プレイに過ぎないから。


■「傍観者」タイプのソロプレイ

ゲームって、必ずしもプレイ中の人だけの
ものでもない。昔のゲーセンでもいたよね。
人のプレイをずっと見て研究してる人とか。

ゲームの攻略の動画って最近多いけどさ。
勿論自分の攻略のため、参考に見る人も
いるけど実際はそれだけの需要でもない。

「他人がプレイする姿を見てるのが楽しい」
そういう人もいる。これはMMOにおいても
存在しうる。自分が攻略するのではなくて
みんながワイワイやってるのをただ見てる。

見てると言うと語弊があるかもだけど要は
「同じゲームをしてる」ことが心地いい人。

彼らはその大半がさほど深くプレイせずに
そのゲームから離れていくと思うけれども、
希少種はサービス終了まで居残ることも。


■「観測者」タイプのソロプレイ

ゲーム中に存在する生活様式や経済等に
深く関わりたいという人々。FF11で言うと
合成職人とか、競売を支配したがるタイプ。

彼らはバトルコンテンツの攻略等ではなく
他のPCにそれ以外の要素で干渉していく。
なので逆に攻略としてのソロには拘らない。
結果的にソロでセカイに干渉している連中。

ある意味MMOを最も楽しんでる連中かも。
バトルコンテンツしかないMO系だと難しい。

必ずしも「そのゲームの世界観を愛してる」
人々ではない。ゲームの中で営まれている
プレイヤーによる世界の構築に興味があり
世界そのものを愛でる人とは趣が異なる。


■基本的に勝手に遊び方を見出す人達

グラブルもけど高難度コンテンツって単に
パズルゲームの延長的側面も散見される。
つか今のゲーム全体に多くみられる傾向。

ゲーマーの気質も変遷していくものなので
何が今風かは分からないが、最近の人は
そこにあるゲームを勝手に遊ぶというより
「さあ、俺を楽しませてみろ」と用意を待つ。

勿論これが悪いという話ではないのだけど
少なくともこの遊び方にはリスクも伴う訳。
「新コンテンツが実装されなければ終了」
という側面がどうしても否めない。不可避。

「新コンテンツ→攻略→新コンテンツ待ち」

このサイクルから基本的に抜けられない。

こういう時にソロプレイヤーは稀に抜け出し
自分ならではの楽しみ方を見出したりする。


■何が言いたいかと言うと

「排除してはならないが放っておいていい」

これに尽きる。単に放っておけばよいだけ。
ソロプレイヤーに慮る必要はそれほどない。

ただプレイヤーが考える話題ではないけど、
マイノリティだからと彼らの存在や遊び方を
否定してはいけない。それが唯一のルール。

「なんでもソロで達成できる」必要はないが、
「なんでもソロで挑戦できる」環境は必要だ。

多分この話題に正解というものはまだない。


■最後に補足でグラブルの印象

翻って、グラブルはMMOではないけれども。

成功している部類で間違いないので現状の
舵取りはソロプレイヤー的な観点からすると
案外うまく行っているように思える。悪くない。

個人的にグラブルは売上余り重視してない、
そんな印象さえ受ける。知名度、ブランド力。
話題性を提供出来ているか?の部分にこそ
企業的な価値を見出してる感がむしろある。

管理人のような個人という単位での願望を
個別に叶えていく必要なんてありはしない。

今まで通り堂々と。個人的にはそれで満足。